朝活

【上級者向け】あなたの朝活はまだ加速できる

グッドモーニング

朝活について以前記事を出しましたが、そこからさらに私の朝活は早くなってきたので
その方法について書いていこうと思います!

すでに朝活を始めていて、今は4時とか5時に起きてるけど…
「もう少し朝の時間が欲しい!もっと作業ができるんじゃないか?」と思うこと、ありますよね。

睡眠や食事の時間を削るのは、健康に良くないのでナンセンスです。

同じ考えのあなたのような「朝活猛者」に…
今日は無理なく1時間以上早く寝て、朝の時間をもっと作る方法をお伝えします。

前提条件

  • 寝る前にグダグダしてしまう
  • お昼休憩の時間をある程度調整できる職場
  • 同棲・シェアハウスしている場合は、より早く起きることを了承してもらえる仲
  • リモートワーク(でなくても、一部実践できるので最後までお読みください!)

「そもそも朝早くに起きれないよー」という方には、こちらの記事をお読みください!
まずは3週間早起きを続けて、習慣化しましょう💪

最強の朝活メソッド6選~プロダクトは朝、急成長する!~朝活ができないと悩むあなたに、WEBサービスも活用した最強のメソッドをお勧めいたします! 基礎的な方法についても紹介しておりますが、今回はすべて挑戦できるように6選まで絞らせていただきました。 皆さんの活動がもっと豊かになることを期待しております。...

あと1時間早く起きる方法

結論から言いますと、
お昼休憩で「夕食・シャワー」を済ませることで、終業後すぐに眠れます。
これで1時間は短縮できるだろう!という算段です✨

何を言っているんだー、とお思いでしょう。
また、色々と疑問もあると思いますので、まずは私のタイムスケジュールを共有いたします。

3:00~4:00 起床、朝食、ストレッチ、散歩
4:00~9:00 朝活
9:00~10:00 昼食、散歩、昼寝
10:00~19:00 お仕事
(16:00~17:00) お昼休憩:夕食、シャワー
19:00~20:00 寝る準備&ゆっくり
20:00~3:00 睡眠

ポイントは、シャワーを浴びたり夕飯を食べたりと
夜にゆったりと過ごしてしまう箇所をお昼休憩で行うことで、会社に管理させるというところにあります笑

こうすることで、終業時間後に寝るまでグダグダしてしまうことも減って
すっと眠りにつくことができます。

特に私の問題は、寝る前に今日のご褒美にPrimeVideoやYouTubeを漁って止まらなくなることでした。

一度見始めると、どんどん次の気になる動画を薦められてしまう。
そうして、いつまで経っても眠れない経験
は皆さんもあるのではないでしょうか?

勘違いを生まないために…

今回の方法は、決して理屈上の時間が増えるというものではありません。

以下の通り、
朝の時間が1時間増えて、夜の時間が1時間減り、トントンになります。

増えた時間:朝の始業前に「昼食」や「昼寝」に使う時間
減った時間:夜に「夕食」や「シャワー」に使っていた1時間

上記の注意点を踏まえたうえで、今回のメリットを整理すると…

  • 誘惑に弱い夜に、ぐだぐだ動画を観ることがなくなる
  • 夕食とシャワーの時間は1時間で管理される
  • 昼食と昼寝も業務前に行うため、後ろの時間は管理される

睡眠までの時間を短縮する方法を、私は「睡眠RTA」と呼んでいます笑
(RTAとは、PCゲームでタイムの計測開始から目標達成までにかかった時間の短さを競うものです)

RTAの時間を少しでも短くするために、食事時間まで調整するのはちょっと身体に悪そう…とお思っているかもしれません。
そのあたりも調べてみましたので、引き続き見ていきましょう!

身体に悪くないの?

気になる点としては、このあたりでしょうか?

  1. 食事の時間
  2. 眠気はちゃんと来るのか

食事の時間

食事の時間について、絶対的なこの時間に取るべき…という情報はあまり見つかりませんでしたが
起きてから or 前に食事をしてから何時間のうちに食べた方がいいというものはありましたのでまとめておきます。

  • 朝食は起きてから2時間以内
  • 昼食は朝食の3時間程度後
  • 夕食は朝食を食べてから12時間以内、入眠までは3時間は空ける

眠気はちゃんと来るのか

寝る時間の30分~1時間前はブルーライトを見ない方がいいというお話をよく聞きます。
見てしまうと入眠初期の眠りが浅くなってしまい睡眠自体の質が悪くなる、というものです。

ブルーライトが目に悪いという科学的な根拠はありませんが、
「夜のブルーライト」は睡眠ホルモンが抑制され、脳が昼間だと勘違いしてしまうため、少なくとも睡眠には悪影響だそうです。

そのため、今回示したタイムスケジュールであれば
仕事の後1時間は空く形になりますので、この間PCやスマホに注力しなければ問題なさそうです。

普段からPCのモニターを夜間モードにしてますので、私自身睡眠への影響は実感していません。
気になる方は、以下の設定をおすすめします!

少なくとも私の調べた範囲では問題なさそうでした!

是非皆さんのご意見・体験をお聞かせください。

同棲・シェアハウスしている場合の問題

朝活をする場合も同じですが、この方法は特に食事の時間が大きく変わるため
一緒に住んでいるパートナーや仲間の理解が不可欠
になります。

特に朝活程度ならば、数時間早めに起きるけど静かにしてるから許してね!
くらいで済むと思われますが、食事の時間がずれるとなると一大事です。

この解決策(妥協案?)を提案していきます。

一緒に朝活を始める

ハードルが高いのはわかっていますが、これが理想的ですね!

特に二人とも前提条件をクリアしている必要がありますので、なかなかこの案を採用するのは難しいでしょう。

もし一緒にやってくれるパートナーや仲間なら、運命感じちゃうレベルですね笑

食事時間を一つずらす

そこで妥協案にはなってしまうのですが、食事時間を1つずらすという案があると思います。

自分の食事 家族の食事
朝食 (睡眠中…)
昼食 朝食
夕食 昼食 ※ここの時間は併せられないかも…
睡眠前の白湯など 夕食

としてはいかがでしょうか?

どうしてもパートナーが夕食の時に、一人で食べることになってしまうという点が苦しいかな…とは感じます。
そこは寝る前の白湯を飲みながらゆっくりとお話する時間にされてはいかがでしょうか?

なかなか食事自体のお話ができず、寂しい思いをさせる可能性はまだ残っていますので
子供がいて団欒するときには、とても実現が難しそうな方法ではありますね。

一度パートナーにご相談してみることをおすすめします。

まとめ

今回は、食事時間を工夫することで「朝の時間を増やす方法」をお話しました。

前提条件が多いものではありますので、なかなか実践に至る方は少ないと思います。

だからこそ、早朝の朝活には価値があるものだと思っています!
人よりも早く起きて活動することに努力は惜しみたくないですよね。

朝食と昼食の時間を除いて、「毎日4時~9時までの5時間」作業が出来たら
できるのですから、朝食など2時間を除けば「150時間/月」でほぼ1人月プライベートで作業ができます!!!

※1人月とは…お仕事で1人が月に使っている時間(約160時間/月)のことです。

皆さんも無理なく続けられる範囲で、朝活で一緒に何かを成し遂げませんか?🐕